FC2ブログ
flower border

Welcome to "GLOBAL HARMONY SPIRITS" 大いなる調和に向かって

フォーチュン・セラピスト 草薙りほが綴る、心豊かに生きていくためのハッピーライフ・メソッド

2月の星の動きと星空☆彡

Category毎月の運勢
P_20180131_203743 (3)

こんにちは太陽


31日の皆既月食、素晴らしかったですねラブ

雲がかかって、残念ながら見れなかったという地域も、あったかもしれませんね。


静岡では、昼間は曇りだったので、今年は、ムリかな~と思いきや、夕方には、

大きな金色の月が昇りはじめ、月食が始まる頃には、

上空の雲もスーッと消え、見事な皆既月食を見ることができましたOK


皆既のピークを過ぎたあたりから、雲がかかってしまいましたが、

再び、部分食を迎える頃には、雲間から月が現われ、部分食が終わる頃には、なんと!
月の周りに大きな丸い虹がかかるという、素晴らしいオチがつきましたキラキラ


もう、何か、宇宙に祝福されているような気分でした。

すべては、円く収まる!だから安心しなさいと言われているような気がしましたね。


赤銅色に染まった月の背後には、漆黒の宇宙が広がり、

普段は月の光で見えないはずの星々が姿を現し、

ブラッドムーンに、輝きを添えていました。

あの幻想的で神秘的な光景は、決して忘れることはできません。

本当に、感動的で奇跡的な天体ショーを、直に見れた自分は

何と幸せ者だろうと思いました。


寒さも忘れて、無我夢中で、双眼鏡とスマホで悪戦苦闘しながら

月食の写真を撮りましたが、いや~、

月食の写真を撮るのって、思っていたよりも難しくて大変でした。


あーだーこーだと格闘しているうちに、

どーんどん、月が欠けてしまうわ、移動しちゃうわで、

焦っちゃいましたアセアセ 


何だか、月にエネルギーを吸われた気分です。


あまり出来は良くないですが、縁起の良いお月様だし、

せっかくなので、ご披露させてもらいます。



次回の4年後の皆既月食までには、腕を上げたいと思いました。


P_20180131_215019 (2)

P_20180131_212821_NT (2)

今回の、皆既月食は『スーパー・ブルー・ブラッドムーン』

と呼ばれ、スーパームーンと、ブルームーン、皆既月食が重なる、

三つ巴の珍しい天体現象とのこと。


相当、パワフルな影響があると思いますし、

個人的にも社会的にも、いろいろな変化があるかもしれません。

それに、今日は節分で、明日は立春大吉ルンルン


大自然と宇宙の大きな節目を迎え、ますます運命も、

シフトアップしていきます。


とりわけ、今回の月食は

“私たちは、本当は、誰もが素晴らしい存在だった!”ということを

思い出させる効果が強いように思われます。

なので、月食以降、内なる素晴らしさが目覚めるにつれて、

逆に、どうしようもない自分に、苛立ちを感じることがあるかもしれません。


いわゆる、『食あたり』ではありませんが、

好転反応みたいな症状が出やすいのです。


でも、現状に不満や苛立ちを感じるということは、

本来の自分を取り戻し、これからどんどん、

素晴らしく変わっていけるというサインでもあるのです。


なので、『食あたり』を上手く利用して、

この節目の波に乗り、どこまでも自分自身を

レベルアップさせていくことを、ためらわないでくださいねキラキラ

そうすれば、運命は、大きく好転していくはずです。

ぜひ、輝く自分をイメージして邁進していきましょう!


というわけで、2月の星の動きと星空案内をお伝えします



        流れ星2月の星の動き流れ星


1月31日の獅子座の皆既月食と同時期に立春を迎える2月は大自然と宇宙のダイナミックなエネルギーの洗礼を受け、私たちの魂を根底から深く揺さぶります。

今回の月食は、自由と創造性を象徴する水瓶座を太陽が進む中、喜びと生命力に溢れる獅子座で起きたので、魂の喜びに従い、自らの人生を自由に創り出す創造性を、最大限に引き出していくはず。月食は、私たちが、すっかり忘れてしまっている自分の素晴らしさや尊さを露わにしてくことでしょう。


さらに、水瓶座には、知性の星・水星、愛の星・金星も運行し、射手座を進む情熱と行動の星・火星が水星と調和。

つまり、月食をきっかけに、これから、どんどん自分の未知の可能性や才能に目覚め、それらを余すところなく発揮することで、人生が大きく開けていくことを暗示。

自分は所詮、こんな程度・・と、勝手に制限を設けるのではなく、どんなことでもやればできる!というチャレンジ精神を思い出すことで、これまでに、見たことがない素晴らしい世界へと導かれてくはずです。

とくに、立春を迎えた2月4日以降は、こうした創造性と自由への憧れが、ますます強くなり、人生を有意義にするために、新しく何かを始めたいという衝動に突き動かされるはず。


ただし、10日頃に太陽と幸運の星・木星がスクエアの凶角をとる影響もあり、過去のパターンに後戻りしやすいときでもあります。

つまり、新しい世界へと飛び出そうとしても、昔の慣れ親しんだやり方や生活習慣から抜け切れず、新しい自分と古い自分の間を行きつ戻りつつしそうです。


ですが、太陽が魚座へと向かう、19日以降から、再び、木星の幸運と拡大のパワーを受けて、過去の自分を乗り越えて、自信を持って新しい世界へと進めるようになるはずです。

2月は、皆既月食で露わになった、本来の素晴らしい自分の可能性を、古い方法に縛られずに、新しい方法で、いかに発揮していくか・・その術を探ることが大きなテーマ。


今までのスタイルの枠を飛び越えて、思い切って、新しい行動パターンを実践することで、思いのほか、アッサリと扉が開くはず! 

ぜひ、魂の喜びのままに、自由自在に、自分らしく未来を創造してください流れ星



      星2月の星空案内星
  (参考サイト:国立天文台より一部引用)


2日 レグルス食

   (しし座の一等星レグルスが月に隠される現象)

3日 節分

4日 立春

8日 下弦の月

8日~12日  月が木星、火星、土星に接近。
                  明け方、午前5時30分頃。南~南東の空にかけて。

16日 新月/部分日食(日本から見られない)


17日 水星が外合

23日 上弦の月

3月2日 満月

星惑星…(ホロスコープではなく、実際の星空で見える惑星です)

水星 ☿ 17日外合 見かけの位置が太陽に近く観察には不向き

金星 ♀ 日没直後、西の低空に位置。見かけの位置が太陽に近く観察には不向き。

火星 ♂ さそり座を東に移動。中旬はへびつかい座を順行。日の出前の南の空に。

木星 ♃ てんびん座を東に移動。東京では真夜中に昇り、 日の出前、南の空に。

土星 ♄ いて座を東に順行。日の出前、南東の空に。


★2月の注目の星★


~カノープス『南極老人星』が見ごろ~

カノープスは中国では『南極老人星』と呼ばれ、この星を見ると寿命が延びるという伝説があるとか。

夜更け前にカノープスが南中する2月は観察のチャンス。

1等星の明るい恒星ですが、南の空の低い位置にあり、見つけにくい星なので、北日本では地平線から上に昇らず

見ることができませんが、福島より南の地域の空では、観察可能です。

良く晴れた日の夜、南の空が開けた場所で、おおいぬ座のシリウスから地平線に向かうあたりの低い位置の空に見えます。

東京では1日は21時19分、11日は20時39分頃が南中時刻。

詳しい南中時刻は『国立天文台』のサイトで確認できます。


カノープスを見つけて、延命長寿を祈願してみてはいかが!?



次回は各星座の2月の運勢をお伝えします。


どうぞ、お楽しみに~ラブラブ


【新メニュー乙女のトキメキNEW

西洋占星術ホロスコープ・メール鑑定

ぜひ、お待ちしております流れ星




スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment